マウスピース型矯正装置│千代田区で舌側矯正・マウスピース型矯正・部分矯正をお探しなら、半蔵門スマイルライン矯正歯科

03-6261-0600 03-6261-0600

土日診療/平日20時まで診療

CONTACT
03-6261-0600

マウスピース型矯正装置Mouthpiece

  1. 半蔵門の矯正歯科 半蔵門スマイルライン矯正歯科 ホーム
  2. 診療案内
  3. マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置とは

マウスピース型矯正装置とは
歯の矯正をしたいと思ったとき、皆さんがまず気にかかることのひとつが、歯に装着した矯正装置が目立ってしまうことだと思います。
一般的な矯正治療は、金属製のワイヤー・ブラケットを歯の表側に装着します。小さな子どもであれば見た目を気にしないかもしれませんが、思春期に入ったお子さまや、おとなの方であればやはり他人の視線は気になります。とくに、営業や接客業、モデルなど、第一印象が大切になる仕事をされている方にとっては、大きな悩みとなるポイントです。
そうしたご不安を解決に導くのが、透明のマウスピースをつかった矯正です。無色透明のマウスピースは、装着していてもほかの人からは気づかれにくくなります。そのため、安心して外を歩いたり、お仕事でお話ししたりすることができるようになります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の特徴

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の特徴
1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社により開発された矯正が、透明なマウスピースを使ったマウスピース型矯正装置(インビザライン)です。 日本では2006年にスタートしたばかりですが、アメリカやカナダでは、多くの歯科医師がマウスピース型矯正装置(インビザライン)を採用しています。
海外技工物は完成物薬機法対象外の装置に該当するため、医薬品副作用被害救済制度対象外となる場合があります。マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、コンピューターを使った作製に大きな特徴があります。
三次元的に歯の移動方向を割り出し、一定期間ごとに造形が異なる装着いただけるよう作製します。そのため、ワイヤーとブラケットを使った矯正と同様に、2週間〜1ヵ月ごとにご来院いただき、歯科医師のチェックのもと、新しいマウスピース型矯正装置をお渡ししていきます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のメリット

  • 透明な装置なので、他人の視線を気にせず生活できる
  • 自分で装置を取り外して食事や歯磨きができる

    マウスピース型矯正装置(インビザライン)では、透明なマウスピースを使用します。そのため、つけたまま街を歩いたり、仕事をしたりしていてもほとんど気づかれません。人前に出る仕事をしている方、金属製の装置をつけることが恥ずかしい方には大きなメリットです。
    また、マウスピースはご自身の手で取り外すことができるので、食事や歯磨きを普段通り行なうことができます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のデメリット

  • 適応できない症例がある
  • 1日20時間以上装着する必要がある

    歯のガタつきが強く抜歯が必要な症例などでは、マウスピース型矯正装置(インビザライン)で治療できないケースがあります。
    また、マウスピースは1日のうち20時間以上付けていただく必要がありますが、食事や歯磨きのような短い間であれば取り外しても問題ありません。

マウスピース型矯正装置(アソアライナー)

マウスピース型矯正装置(アソアライナー)の特徴

このような方におすすめ
透明なマウスピース型矯正装置を使った矯正歯科治療です。 治療の流れは基本的に変わりませんが、大きく異なるのは、マウスピース型矯正装置(インビザライン)が最初の歯型を取る際に複数のマウスピース型矯正装置を作製するのに対し、マウスピース型矯正装置(アソアライナー)は治療のステップごとに歯型を取り作るという点です。これにより、マウスピース型矯正装置(インビザライン)以上に精緻な矯正が実現できます。もし矯正期間中に虫歯が見つかった場合も、歯型が変わる可能性を考慮しながらしっかり治療できます。
矯正期間中は、2週間~1ヵ月に1度の割合で通院いただき、歯の移動をチェックして新しいマウスピース型矯正装置をお作りします。
こうした治療の流れはマウスピース型矯正装置(インビザライン)とほとんど同じですが、マウスピース型矯正装置の質感に関してはマウスピース型矯正装置(アソアライナー)の方が比較的薄いので、審美性が高いといえます。

マウスピース型矯正装置(アソアライナー)のメリット

  • 都度マウスピース型矯正装置を作製するので正確な矯正が期待できる
  • マウスピース型矯正装置(インビザライン)以上に装着感がよい
  • 透明な装置なので、他人の目線を気にせず生活できる
  • 自分で装置を取り外して食事や歯磨きができる

    矯正治療は定期的な通院を必要としますが、その都度お口の中を確認し、新しいマウスピース型矯正装置を作ります。
    マウスピース型矯正装置(インビザライン)以上に正確な矯正ができ、途中で虫歯になってもしっかり治療することができます。
    プレートの材質はマウスピース型矯正装置(アソアライナー)の方が薄く、さらに硬さも軟らかいものから硬いものまで3種類を順番に装着するため、プレート交換時の痛みの軽減につながります。

マウスピース型矯正装置(アソアライナー)のデメリット

  • ステップごとに歯型を取るので、治療に時間がかかる
  • 適応できない症例がある
  • 1日20時間以上装着する必要がある

    精緻な矯正ができるマウスピース型矯正装置(アソアライナー)ですが通院ごとに歯型を取るので、治療に時間がかかります。