矯正治療の流れ│千代田区で舌側矯正・マウスピース型矯正・部分矯正をお探しなら、半蔵門スマイルライン矯正歯科

03-6261-0600 03-6261-0600

土日診療/平日20時まで診療

CONTACT
03-6261-0600

矯正治療の流れFlow

  1. 半蔵門の矯正歯科 半蔵門スマイルライン矯正歯科 ホーム
  2. 診療案内
  3. 矯正治療の流れ

一般的な矯正治療の流れ

一般的な矯正治療の流れ
こちらでは当院での一般的な矯正治療の流れについてご説明いたします。
初診相談 所要時間60分
まずは話だけ聞きたい方、治療を踏み出せず迷っている方、前向きに検討している方、すでに治療すると決めている方、治療後の後戻りが気になる方、現在、治療中でセカンドオピニオンを希望している方など、まずはご予約ください。
ご来院後、受付でご記入していただくオリジナルのヒアリングシートなども参考にさせていただきながら、患者さまの気になる点、ご不安・ご不明な点、ご希望の矯正装置など、じっくりとお話を伺いさせていただきながら、歯並びの状態、治療期間、治療費、治療の流れなどご納得いくまでご説明させていただきます。長年の経験から様々なご提案ができるかと思います。
無料カウンセリング
精密検査 所要時間60分
矯正治療を行うということになりますと、姿勢観察の他、顔面・口腔内写真撮影、X線写真撮影(パノラマX線写真、セファロ写真という頭部X規格写真、顎関節X線写真など)、歯列模型の製作のための型取りなどを行います。
なお、歯列模型、セファロ写真では、大学病院で使用している専用ソフトなどを利用し、分析を行いますが、とりわけセファロ分析は診断を行う上で重要になります。
また、子供の矯正治療を行う場合、成長発育に関わるため、身長・体重測定、手根骨のX線撮影を追加することもあります。
精密検査
診断 所要時間60分
診断では、今後の治療内容に関わるすべてのお話をさせていただく大事なステップです。 検査結果から、成長発育があるのかないのか?非抜歯治療なのか抜歯なのか?治療期間はどのくらいなのか?どんな装置が向いているのか?後戻り対策にどんな保定装置がよいのか?など治療方針を立案する訳ですが 、患者さまが何を気にされていたのか?どんな装置が希望だったのか?など初診時に伺ったお話をすり合わせ、具体的に、最善の治療方針、使用する装置、治療費なにつきまして、ご提案させていただきます。
精密検査
必要に応じ矯正治療のための前処置
虫歯や歯周病の他、顎関節症治療が必要な場合、装置装着前に治療していただきます。
また、歯並びを治すのに抜歯が必要な場合も装置装着前に行いますが、非抜歯なのか抜歯なのか?の判断を見極めたい場合、咬み合わせが不安定で抜歯部位が未定の場合、マウスピース型矯正装置(インビザライン)やカスタムメイド舌側装置(インコグニート)のようにコンピューター上で装置製作を依頼する場合などでは、装着後になります。
なお、歯を被せる補綴処置が必要な場合、矯正治療後になります。
矯正治療のための前処置
矯正装置の装着・調整 所要時間 装着30~120分 調整30分
装置の装着直前に歯のクリーニングを行い、矯正装置を装着します。
装置の装着後は、装置の取り扱いや治療中の痛み、食事の注意点、ブラッシングのコツなどについてご説明させていただきます。
治療中は原則1カ月に1度の通院をしていただき、毎回、歯のクリーニングと歯の移動を継続するため、装置の調整を行います。
噛み合わせにもよりますが、矯正装置を外すまでの治療期間は、1年半~2年半がほとんどです。
矯正装置の装着・矯正治療スタート
保定装置装着・保定観察 所要時間 装着60~90分 観察20分
歯並びが整ったら、矯正装置を外しますが、保定装置を装着していただき、治療後の再評価のための精密検査も行います。
保定装置は、1~3年間ほど装着していただき、歯並びを安定させます。
保定期間中は数カ月に1度の通院をしていただき、毎回、歯のクリーニングと経過観察を行います。
当院では、永久歯での保定期間を3年としていますが、保定終了時の再評価のための精密検査を行います。 (所要時間は60分)
保定・経過観察

ニーズに合った装置の選択と治療方法

症状に応じた装置と治療方法
当院では、従来のワイヤーによる唇側ブラケット矯正装置はもちろんのこと、リンガルブラケット矯正装置やマウスピース型矯正装置など、日々進歩する矯正治療に幅広く対応しております。
これまでに培ってきた豊富な治療経験と、丁寧なカウンセリングおよび徹底したインフォームド・コンセント(説明と同意)に基づき、患者さま一人ひとりの症状とご要望に応じた治療をご提供いたします。
ご自分の歯並びについて矯正治療が可能か不安な方も、ぜひ当院にご相談ください。

大人の矯正と子供の矯正治療の違い

成人矯正と小児矯正の違い
大人の矯正と子供の矯正治療の違いは、矯正治療を開始するにあたり顎の成長を利用できるか?できないか?という点にあります。
子供の矯正治療を行う適齢期は、小学校低学年です。将来、身長や体重の増加とともに顎も成長しますが、子どもの矯正治療の主な目的は、その成長によって上下の顎の位置がズレないように予防したり、すでにズレている場合、上下の顎の成長量や成長方向をコントロールすることにあります。
その他、歯並びに悪影響を及ぼす指しゃぶり、舌が前に出る、唇や爪を噛む、頬杖、口呼吸などの悪い癖がある場合、この時期に改善することも主な目的に挙げられます。
口の中の環境が整うため、口の中が乾きにくくなり、虫歯や歯肉炎の予防にもつながることもあります。
その後、永久歯の生えそろう小学校高学年になってから、大人の矯正治療同様、理想的な歯並びになるよう歯を動かすのですが、このように子供の矯正治療を行うことで、永久歯の矯正治療を行いやすい環境を整え、治療後の噛み合わせの安定を図ることができます。

成長が期待できない小学校高学年から大人の矯正では、顎の成長が期待できないため、顎骨の状態に合わせて理想的な歯並びになるように歯を動かしていきます。歯並びを整うためのスペースがない場合には、抜歯や外科手術を行なわないと矯正できないケースもありますが、顎骨の成長が完了しているため、治療結果の予測がしやすいというメリットもあります。また、大人の矯正では子供の矯正とは異なり、自分の意思で納得のいく治療方針を選択することができます。

矯正を始めるのに遅すぎることは決してありません。歯並びが気になったときが矯正治療を始めるベストタイミングです。どうぞお気軽にご相談ください。

【矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について】

1. 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間〜1、2 週間で慣れることが多いです。
2. 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
3. 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
4. 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まります ので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと 隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
5. 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がること があります。
6. ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
7. ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
8. 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
9. 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
10. 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
11. 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
12. 矯正装置を誤飲する可能性があります。
13. 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する 可能性があります。
14. 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
15. 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物) などをやりなおす可能性があります。
16. あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
17. 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えてい る骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になる ことがあります。
18. 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。