ハーフリンガルブラケット矯正装置│千代田区で舌側矯正・マウスピース型矯正・部分矯正をお探しなら、半蔵門スマイルライン矯正歯科

03-6261-0600 03-6261-0600

土日診療/平日20時まで診療

CONTACT
03-6261-0600

ハーフリンガルブラケット矯正装置Half Lingual

  1. 半蔵門の矯正歯科 半蔵門スマイルライン矯正歯科 ホーム
  2. 診療案内
  3. ハーフリンガルブラケット矯正装置

ハーフリンガルブラケット矯正装置とは

ハーフリンガルブラケット矯正装置とは
笑ったときや会話をしているときは、上顎の歯が大きく目立ちがちですが、下顎の歯は目立ちにくいという特性を活かした治療が、ハーフリンガルブラケット矯正装置です。
ハーフリンガルブラケット矯正装置では、上顎の歯は裏側に、下顎の歯は表側にブラケットとワイヤーによる矯正装置を装着します。
目立ちやすい上顎の歯は裏側に矯正装置を装着することで、上下とも表側の場合よりも装置を目立ちにくくすることができるだけでなく、下顎は表側なので、上下とも裏側のフルリンガルブラケット矯正装置で治療する場合よりも費用は抑えることができます。

ハーフリンガルブラケット矯正装置のメリット

  • 矯正装置が目立ちにくい
  • 舌が触れる下顎は表側に装置を取り付けるため、比較的発音がしやすい
  • フルリンガルブラケット矯正装置と比較すると費用が安くなる
  • 下の歯並びにデコボコ(叢生)を伴う上の前が突出している(上顎前突)ケースに向いているリンガルブラケット矯正装置は前歯を引っ込めやすく、唇側ブラケット矯正装置はデコボコを解消しやすいという特性があります。

ハーフリンガルブラケット矯正装置のデメリット

  • 唇側ブラケット矯正装置と比較すると費用が高くなる

このような方におすすめ

このような方におすすめ
できるだけ費用を抑えて目立ちにくい矯正をしたい方
目立ちにくい装置による矯正治療をご希望の方ためのリンガルブラケット矯正装置による治療は、患者さま一人ひとりに合った矯正装置を作製する必要があり、材料費と時間がかかるため、どうしても唇側ブラケット矯正装置よりも費用が高くなってしまいます。
そのため、目立ちにくい矯正装置で治療したいけれど、できるだけ費用を抑えたいという方には、ハーフリンガルブラケット矯正装置による治療がおすすめです。上顎はリンガルブラケット矯正装置なので、人目に付きやすい部分を目立ちにくく、下顎は唇側ブラケット矯正装置の矯正なので、フルリンガルブラケット矯正装置で治療する場合よりも費用を抑えることができます。