見えない裏側矯正│千代田区の裏側矯正・インビザライン・部分矯正・ホワイトニング 半蔵門スマイルライン矯正歯科

03-6261-0600 03-6261-0600

土日診療/平日20時まで診療

CONTACT
03-6261-0600

見えない裏側矯正Lingual

  1. 半蔵門の矯正歯科 半蔵門スマイルライン矯正歯科 ホーム
  2. 診療案内
  3. 見えない裏側矯正

裏側矯正とは

裏側矯正とは
一般的に矯正治療というと、歯の表面に装着する金属製のブラケットとワイヤーによる矯正装置をイメージする方が多いと思います。
裏側矯正とは、一般的には歯の表側に装着する矯正装置を、歯の裏側に装着して歯並びを整える矯正治療のことをいいます。リンガル矯正、舌側矯正ともよばれています。
歯の裏側に装着した矯正装置は、少し口を開けたくらいでは目立つことがないため、周囲の人に気付かれずに矯正治療を行なうことができます。また、治療中の装置の見た目による患者さまの心理的ストレスも軽減します。

ただし、裏側矯正は歯の表側に矯正装置を装着する治療(表側矯正)よりも難易度の高い治療で、歯科医師には熟練の技術と深い知識が求められるため、治療を受けられる歯科医院は限られます。
当院では、日本矯正歯科学会の認定医の資格を持つ矯正歯科に精通したドクターが、患者さまの症状に適した裏側矯正をご提供いたします。

裏側矯正のメリット

メリット

  • 矯正治療中であることに気付かれにくい

    歯の裏側に矯正装置を装着することで、外側から装置が見えることがほとんどないため、周囲に矯正治療をしていることを気付かれずに治療をすることができます。

  • 治療中に虫歯になりにくい

    歯の裏側は、歯の表側よりも歯の表面のエナメル質が厚いため、虫歯の原因菌が出す酸への耐性が強いといわれています。また、歯の裏側は唾液腺が多いため、唾液のもつ静菌作用や殺菌作用によって虫歯になりにくいともいわれています。ただし、裏側矯正は表側矯正よりも歯磨きしにくいので、歯科医院の指導のもと十分にケアを行なうことが重要です。

  • 前歯を後方に引っ込めやすい

    表側矯正では、矯正装置の固定源となる奥歯が前方に引っ張られて前に移動してしまうことがありますが、裏側矯正の矯正装置は、固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯をしっかりと後ろに引っ張って移動させることができます。

  • 舌の悪癖が改善しやすい

    出っ歯や開咬などの歯並びは、舌で前歯を押してしまうクセが原因となっている場合があります。このクセがあると治療後も後戻りしやすいのですが、裏側矯正は歯の裏側に装置がついているため、舌が装置に触れてしまう違和感によって舌で歯を押すクセが改善しやすく、装置を外したあとも後戻りしにくいといわれています。

裏側矯正のデメリット

デメリット

  • 装置が舌に触れる違和感がある

    なかには舌が歯の裏側に装着した矯正装置に触れることに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。また、装置が舌に触れることで、舌に跡がつくことがあります。しかし、ほとんどの方が矯正装置を装着してから1~2週間ほどで違和感を覚えなくなり、舌にも跡がつかなくなってきます。

  • 表側矯正よりも費用が高い

    歯の裏側はデコボコとしているだけでなく、患者さまごとに形状が大きく異なるため、裏側矯正では患者さま一人ひとりの歯の形に合わせてオーダーメイドで矯正装置を作製する必要があり、時間とコストがかかります。さらに歯科医師に高い技術力も求められる治療でもあるため、どうしても表側矯正よりも費用が高くなります。

  • 発音しにくい場合がある

    裏側に装着している矯正装置が舌に触れることで、発音しにくくなる場合があります。矯正装置を装着してから数週間ほどで舌が慣れ、ほとんど普段どおりの発音で会話ができるようになりますが、お仕事などで滑舌が重要な方は、注意が必要です。

  • 治療期間が長くなる場合がある

    歯並びのデコボコが著しいケースなどは、表側矯正で治療した場合よりも治療期間が長くなる場合もあります。

このような方におすすめ

このような方におすすめ

矯正治療中であることを他人に気付かれたくない方

裏側矯正は外側から装置が見えることがほとんどないため、接客業や営業職、モデルやアナウンサーの方など人前に出る機会が多い方や、見た目の印象が重要なお仕事をされている方に適しています。

目立つ矯正装置に抵抗があり、矯正治療をためらっていた方

歯並びは治したいけれど、ギラギラとして目立つ金属製の矯正装置をつけることに抵抗があって矯正治療をためらっていた方にもおすすめです。

出っ歯を改善したい方

出っ歯の方が歯の表側に矯正装置を装着すると、歯に装置の厚みが上乗せされて唇がさらに突出することになり、出っ歯を強調することになってしまいます。しかし、歯の裏側に装置を装着する裏側矯正ではその心配がありません。また、裏側矯正は前歯を引っ込めやすい特性を持っているので、出っ歯が気になる方にはとくに適しています。